今夜は鍋

昨日は朝9時から夜10時まで、食事以外はほぼ歩き通しで、本当は脚には良くないんだけど、仕方なかった。めっちゃ疲れた。
今日は、まだ疲れが残っている。食事の支度と洗濯以外のことはなあんにもしないで、この時間まで過ごしてしまった…
主人も急に、今日は休みだ、とか言うので、二人でだらだらしてしまった… 008.gif
で、今夜は、鍋にするのだ。
このところ自宅では、夕飯は一人だったので、(主人と次男は帰ってくるのが遅く、帰宅した順番に食べる)、一人じゃないときは是非鍋にしたい。
湯豆腐にしよかな…
鱈も、鶏団子も、キノコも入れてしまうのだ。……それにつけても、これは放射能鍋かな~…などと思ってしまう。

先週は、何人かの友人知人に会ったのだが、そのほとんどが、福一事故について、「気にしたってしようがない」みたいな受け止め方だった。
「もう諦めてる。うちじゃ、みんなそんな考えだ」と、言った友だちもいた。
また別の友人は、「現実を受け入れるしかないじゃない」と言った。
これが、今の日本人の大方を占めている「気分」かもしれないと思った。
海鮮類もキノコ類も汚染されているのではないかと、不安に思いながらも、食べようとしている私も同じだ。
食べなくては、死んでしまう。
でもきっと、将来、悲劇がやってくるのだろう。
目の当たりにして初めて、人々は恐怖におののくのだろうか…
避難できるのなら、避難するにこしたことはない。
一番のネックは、避難しても、仕事がなければ暮らしていけないということだろう。実際、息子たちのことを考えれば、うちだってすぐに子どもたちだけでも避難させたい。しかし、悲しいかな私たちに金銭力がない。

結局今夜も、どこに避難するでもなく、産地を気にしながら食材を買い求めて、鍋にしようとしている。
[PR]
by nyoirin | 2011-10-18 18:42 | 日記

2015.4.1.より、身の回りの小確幸(小さいけれど確かな幸せby村上春樹)を見つけてつぶやきます。


by nyoirin