最近のあれやこれや「1Q84」「海辺のカフカ」etc

はっきり憶えていないけど、村上春樹の「1Q84」のBOOK4が発刊されたという夢を見た、気がする。
もしかしたら、出版されるという正夢かも。
是非読みたいので、是非お願いしたい。

そういえば、「海辺のカフカ」が蜷川幸雄の演出で舞台化されるという。
興味はあるけど、怖くてとても一人では観にゆけない。008.gif
キャスティングには、言いたいことが二つも三つも四つも五つも……あるし…
実にチャレンジャーだと思う。

春間近。
サード・インパクトからこっち、やっと落ち着いてきて、つらつら思うに、大きい一周が終了した感、感無量(?)なんちって。
10代の頃を思い出し、あの頃の諸々に回帰しても、良いことだし、また真実回帰したことにはならないわけだし、とか、考えたり…。
だから、改めて意識して戻ってみるのも一興か。
去年の初めに、自分から「青の時代に突入だ」と宣言したのも、偶然のこととは思えない。
同じ年の暮れに、あんなことが起ろうとは、予想だにしていなかったのだから。不思議なこともあるものだ。

おかげさまで、ようやく脱却することもできた。
今は、全てが愛おしくかけがのないものだと実感できる。
みんな、一緒なのだから。
ヨーゼフ・クネヒトもギャツビーもきっと知っていたんだ。
だから、生きて、そして死ぬことができたんだ。
私は、描くべきように描いて、阿留辺幾夜宇に生きて、死にたい。
願わくは、「彼女」のように。
[PR]
by nyoirin | 2012-03-18 18:12 | 日記

2015.4.1.より、身の回りの小確幸(小さいけれど確かな幸せby村上春樹)を見つけてつぶやきます。


by nyoirin