一周年 12.8.thursday

 気がついたら、今日はこのブログのお誕生日だ。アッと言う間の1年。ジョン・レノンが亡くなって25年。そして聖乙女の日でもある。
 そんなこと(聖乙女などと)を言っている私は、今またあらためて「般若心経」を読んでいる。禅宗のアプローチもさることながら、やはり密教ということで、弘法大師空海の「般若心経秘鍵」。難しい。まず字が読めないし、漢文もわからない。が、親切な現代語訳が出ているので、やはりそちらのほうから読んでみている。もちろんここ15年あまり心経はずっと読んできているが、いくら読んでもわからない。またこれからもずうっと読んでいくことになるだろう。きっと、来年も再来年も10年後もずっと、生きていれば同じことを言っているだろう。
 それにしても、さっきは「聖乙女などと言っている」と書いたが、どこを読んでも、同じことを言っている気がする。みんな同じことを言っている気がする。
 「同行二人」は「偉大な友」と同じなのではと思うし、だから「同断無明破魔軍」と言ってくださっているのではないか、とか。それはかの霊的指導神父とお大師さまは同じことを言ってくださっているのでは、とか。こうしている意味は、やはり私たちがみな「亡命者」だからではないか、とか。とかとか・・・
 とか、と言っている場合ではないこともなくもないのだ、この状況。仕事しなくっちゃ。年末進行。そして去年とこれも同じこと、掃除しなくっちゃ。あああ、ものすごいことになっているこの部屋!現実はなんともはや。表層の黒猫じゃぁ〜!
[PR]
by nyoirin | 2005-12-08 16:16 | 日記

2015.4.1.より、身の回りの小確幸(小さいけれど確かな幸せby村上春樹)を見つけてつぶやきます。


by nyoirin