再起動→日記→軌道修正

 日記を読み返してみた。
 3年半くらい前、私はある決意の元に、決別したことを思い出した。その前の2年間ほどは、苦しい日々だった。だから、この5年あまり、私はほとんど絵を描かなかったのだ。描けなかったと言うべきか。描く気が起きなかったと言うべきか。自分のことなのに、だいぶ忘れていた。まあ、それだけその問題にかかりっきりになっていたということなのだが。

 そうして、夢中でここまで来てしまった。やはりちょっと遠ざかってしまった感があるのは否めない。思いっきり俗物になってしまったような気がする。それが、そんなにも悪いことだとは、一概に言えないかもしれないが。
 少し前から感じはじめている「ここらで軌道修正したほうがいいのでは?」という心の声が、さらに大きくなっているようだ。心の声は天の声。
 「表層」のことをきちんとしてから、という私の考えは正しかったと思う。それだけに正面から取り組むことができたから、今こうしていられる。だが、しばらくこうして歩いてきたことによって、多少なりとも余計なものもついてきてしまったのも、事実だ。余計なものの中にも、少しはあったほうがいいものもあるが。それにまみれてしまうのもいかがなものか。しかし、流されやすいのも人の常。いかんいかんと思いつつも、ついつい安易なほうへと流されてしまう。

 ほい!軌道修正だよ。自分を強く持ってね。
 
[PR]
by nyoirin | 2006-09-05 18:30 | 日記

2015.4.1.より、身の回りの小確幸(小さいけれど確かな幸せby村上春樹)を見つけてつぶやきます。


by nyoirin