重なるときは重なる

ずいぶんご無沙汰してしまった。

重なるときは重なるものだ。
ひとつは来年まで持ち越さねばならなくなったし、ひとつは予断を許さない状況だし、ひとつは再燃したし、ひとつは今日にもどうころぶかわからないし、ひとつは今週中にもなんとかしなくちゃならないし、ひとつはずっと改善されないままその兆しすら見えないし…

なかでも、再燃した問題と予断を許さない状況は、深刻だ。

今は、こういう時期だと思うしかないのかもしれない。

どうあれ、やっていくしかない。
[PR]
by nyoirin | 2007-11-26 14:24 | 日記

2015.4.1.より、身の回りの小確幸(小さいけれど確かな幸せby村上春樹)を見つけてつぶやきます。


by nyoirin