かなしばり

そう言えば、一昨日は一日中頭痛がして、ごろごろしながらまどろんだり覚醒したり(ラジバンダリって、ごめん)していたら、久っしょぶりに、かなしばりにあった。
近頃じゃあ、かなしばりくらいでは、びくともしない。
まず、木の柱をこすりあわせるようなギシギシいう音から始まる。おお〜っ、なつかしいぞ、この感覚!と思ったら、かなしばりゾーンに突入。
じっくり観察。
昔は、その間に、実際は見えるはずのないもの、たとえば壁の向こうの隣の部屋の様子とか、が見えたりしたけど、今回はそういうものは見えなかった。
幽体離脱とかしないかなと、期待したが、それもなかった。
時間的にはどれくらいかよくわからないが、しばらくすると、音が消えると同時に身体もほぐれる感じ。
寝入りばなよね。
で、もう一度眠ろうと試みる。
と、またギシギシ音が始まって、再びゾーンに突入。
しばらくして何事もなく終了。
ちょっともの足りない感じがしたが、だからと言ってどうするでもなく、本格的に眠りに入る。
で、なんだか夢を見たが、今は思い出せない。朝は覚えてたんだけどな。
[PR]
by nyoirin | 2008-08-25 00:21 | 日記

2015.4.1.より、身の回りの小確幸(小さいけれど確かな幸せby村上春樹)を見つけてつぶやきます。


by nyoirin