カテゴリ:日記( 120 )

2005.4.5.tuesday

 朝からまたこれと言って成果のあることを何もしていない。義務としてやらなければならないことは山積みだけど、やる気が起きないのね。風邪が完治していないということもある。と言い訳。覇気がないの。もちろん最低限のことはしてますよ。食事の支度とか洗濯とか。
 やっぱり春はきら〜い。
 春って、一気に来る。週末は蕾だった仕事部屋の窓の前の枝垂れ桜はもう満開。明日には散りはじめるだろう。たんぽぽも顔を見せている。こぶしも満開。はくれんはもうお終い。正確な名前はわからないが、タチツボスミレに似ていてでも紫がもっと濃いスミレは、まだ咲いていない。
 このもんや〜と暖かい季節、気を緩めるとすぐグズグズと床にくずれおちてしまいそう。でも明日からは始動しないと大変。早起き早起き。気合い入れなきゃ!だわ。
[PR]
by nyoirin | 2005-04-05 18:32 | 日記

2005.3.10.thursday

 絶えず行き過ぎる時
 愛しいものたちとの別れと出会い
 陽の光に輝く少女たちの後ろ髪
 まだ浅い春のにおい
 それぞれの胸を飾る小さな花束
 二度と触れることのできない掌
 ありがとう
 さようなら
 ありがとう
 さとうなら

 息子の卒業式だった。自分のその時代を思い出してしまい、感慨深かった。涙がとまらなかった。普段は忘れていることに、深く思いをめぐらすことになった。恩寵。この今に感謝。
 
[PR]
by nyoirin | 2005-03-11 00:20 | 日記

2005.3.8.tuesday

 連日堤義明のことが報道されている。彼の独裁ぶりや「西武王国」の実体がニュースショウで特集されている。もとコクドの社員とか実弟の豊島園の社長とかが、彼のことを「はだかの王様」と呼んでいた。
 また思い出した。「西武王国」とは比べもにならないくらい極々小さい「王国」に、かつて私もいたことがあるから。もちろんその小さな「王国」の特殊性を考慮すれば、ある程度は仕方がないわけだが・・・。初めは、純粋な心で始めても、力がついてきたり、人が集まってくると、誰しもが「はだかの王様」になっていってしまうのだろうか。それは仕方のないことなのだろうか。Gの「鉄の党」も「西武王国」もどこぞの「将軍様」も業種の違い・規模の違いはあれ、みんな同じだ。
 私たちが出たのは、そういうことにもうウンザリしたというのも理由のひとつだ。そういうことにならずに組織をより良く動かしていくことは、難しいことなのだろうか。独裁者にではなく、真のリーダーになること。そのふたつを分けるものはなんだろう。

 20数年来、ずっと買わないでいた電子ポットなるものを、ついに購入。魔法瓶としても使えるのにしたけど、やっぱり魔法瓶より保温性は落ちることを発見して少しがっかり。でも、お湯が沸いたらお知らせしてくれるときのメロディーが、ラバーズコンチェルトだったのはちょっと嬉しい。Bachは大好き。
[PR]
by nyoirin | 2005-03-08 10:01 | 日記

2005.3.1.tuesday

c0009212_1155881.jpg
 今日から三月。毎年この時期は落ち着かなくて、あまり好きではない。いちばん苦手なのは夏だけど・・・。夏の次に苦手かな。日常じゃなくなるからかな。イベント事が多いでしょ。あんまりいつもと違ったことをするのが好きじゃないみたい。面倒くさがりやなのね。ルーティンワークがいいの。これってあんまり良くないね。発展的じゃないね。(なんか「銀魂」の神楽ちゃんみたいなしゃべりかたになってる?)これじゃ、いつもここどまりね。こういう覇気のない気分になっちゃうのも春のせいなのだわ、きっと。まだ寒いんだから、こんな気分になるには早すぎる。
[PR]
by nyoirin | 2005-03-01 11:20 | 日記

2005.2.21.monday

 家の中で、一人になれる時間が全くない!さすがに、これがあまり続くと辛い。おまけに家族一人一人に合わせて、今少なくとも一日六回は食事の支度をしている。それにいつも誰かが寝ている。みんなそれぞれに好き勝手なことをしている。これでは、したいことをじっくり気の済むまでするなんてことは夢のまた夢だ。せめて一日二時間でいい、自分だけの時間が欲しい。毎日が無理なら、せめて週三日、私に時間をください。このままではどうにかなってしまいそうだ。
[PR]
by nyoirin | 2005-02-21 14:39 | 日記

2005.2.9.wednesday

c0009212_15322070.jpg
 鬼の撹乱。久しぶりに風邪をひいてしまった。熱はそれほどでもなかったので、インフルエンザではないと自己診断をくだし、葛根湯とハチミツ入り紅茶を飲んで、ただひたすら寝ていた。今日から復活!のつもり。でも、最近歳のせいか風邪の症状がおさまっても、やる気というか覇気というかがなかなか復活しないんだよね。今日はまだ咳きが止まらないので、完全復活とまではいかないみたい。
 
 愛は決して描けない
 木を描くようには・・・
 海や自然の神秘を描くようには・・・
 それは僕らの瞳
 それは聖人の中の罪人
 それは絵の内側にある光
        
               「ミリオンダラー・ホテル」

 私もそういうみずみずしい絵が描きたい。
[PR]
by nyoirin | 2005-02-09 15:45 | 日記

2005.1.26.wednesday

c0009212_19411666.jpg
 木もれ陽が 綾におりなす 輝きの
     粒子をつかむ 手にやわらけき
[PR]
by nyoirin | 2005-01-26 19:41 | 日記

2005.1.7.friday

 明けまして おめでとう ございます。
 今日は、七草。お米の量を増やしたのに、お水の量は例年どおりにしてしまい、さらさらお粥になりませんでした。なんだか、今回の年越しは、失敗が多いみたい。何かの悪い暗示か?いいえ、そんなことはないわ。と、あえて明るく考えましょう!何ごとも。
 ななくさなずな
 とうどのとりが
 にほんのくにに
 わたらぬさきに
 ななくさたたけ
と、ちゃんと歌いながら七草粥を作りしました。お味はまずまず。アッと言う間にお鍋はからっぽ。でもこの歌、あらためて歌詞の意味を考えてみると、なんだか最近のことでは鳥インフルエンザのことを言っているみたいじゃありませんか?もう少し時間を遡れば、香港カゼとかも大陸から渡ってきた訳ですものね。昔の人はいろいろなことがわかっていたんですね。
 年賀状はなんとか書き上げましたが、大掃除はいまだ継続中。今日もこれからふた仕事(?)くらいします。
[PR]
by nyoirin | 2005-01-07 13:42 | 日記

2004.12.28.tuesday

 意味なくバタバタと過ごし、アッという間に年の瀬。何もしていない私。だのにこんなことしてる。大掃除もまだ。年賀状もまだだ。いかんいかん。
 
[PR]
by nyoirin | 2004-12-28 15:09 | 日記

2004.12.8.wednesday

c0009212_14412899.jpg
 朝考えていた今日一日の予定が、ことごとく崩れてしまった。それというのも、郵政公社のお人が、思いのほか私の時間を消費してくださったから。やれやれ。でも、仕方ない。どうしても手続きはしておかなくてはならなかったから。いずれはしなくてはならないことだものね。
 ところで、今日は聖乙女の日。どなたか、お会いした方はいませんか?
[PR]
by nyoirin | 2004-12-08 14:49 | 日記

2015.4.1.より、身の回りの小確幸(小さいけれど確かな幸せby村上春樹)を見つけてつぶやきます。


by nyoirin