<   2005年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2005.4.26.wednesday

 家族・自分・親の病院通いでさらにままならぬ日々だが、なんとかやっている。前の日記から今日までのもろもろをまとめて書いておく。
 「ゼブラーマン」。もう少しラスト盛り上がるかと思っていたが、ちょっと拍子抜け。
 「攻殻機動隊2nd.GIG」11〜13巻完結。うう〜っ、予想はしていたものの、「タチコマ〜っ!!!お前たち〜っ!!」またしても泣いてしまった。最後バトーが素子の命令をそのまま受け入れる訳ないよね。あのまま二人にしておけるわけないよね。クゼは死んで欲しくなかったな。切なかったな。
 「ホテルヴィーナス」。とくに期待していなかったので、思いのほか感動。世界の片隅の見捨てられたホテルに住まう変わった人々のコミカルな毎日なのかと思っていたら、違った。剛くんの不思議な空気感とでもいうのだろうか、は、捨てがたいものがあると思った。ただ最後の香取信吾は余計だったな。あそこだけスマスマのコントみたいになっちゃって残念。
 「コンスタンティン」。うおお〜っ!思いがけず素晴らしい(勝手な)再会を果たすことができた!ティルダ・スウィントンさま!殊更お慕い申し上げているティルダさまにお会いできて、なんと幸せだったことか!映画を観るときは、予備知識をなるべく入れないようにしているので、何も知らずに行ったのだ。だから喜びもひとしお。相変わらず素敵!映画に関しては言いたいことがあるのだが、ネタばらしになってしまうので、もうしばらく黙ってます。ただ、ティルダさまだけで、私にとっては全くの合格なんだけどね。
[PR]
by nyoirin | 2005-04-26 16:21 | 映画・ドラマ

2005.4.13.wednesday

 日曜と月曜の二日で「攻殻機動隊2nd Gig」のDVD8〜10巻と「ジョゼと虎と魚たち」と「21グラム」と「茶の味」を観た。このうち「茶の味」は購入、あとはレンタル。「攻殻・・」は大好きなんだな〜。最初の映画版から1st、2ndともDVD全部ホントは欲しいんだけど、資金面でね・・・。「イノセンス」は映画館で一回観ただけだから、もう一度レンタルして観ようと思ってる。一回じゃわからなかったから。でも「イノセンス」は素子が素子じゃないから、ちょっと好きじゃない。ずうっと観ていてこの胸にあるモヤモヤはなんだろうと思ってたら、素子がいないせいだったんだ。やっぱりバトーとトグサだけじゃ、もたないのね。いくら魅力的なキャラとはいえ、素子あってのバトーであり、素子あっての9課の中のトグサだったのね。
 「ジョゼ・・」は、原作は読んでないから、そのへんはわからないのだけれど、現実はそうかと思いつつ、なんか悲しかった。未来の自分と重なるところがあるのかもとも思い、支えのひとつとしてそこは心に留めておこうと思った。
 「21グラム」は見逃していたので借りてきた。ほんとは同じく見逃してしまった「ターミナル」を借りようと思って行ったのだが、まだレンタルが始まっていなかった。時間軸が交錯しているので最初わかりにくかった。臓器移植のことは、しばしば考えるのだが、いつも答えは出ない。自分があげる立場だったら、べつにあげてもかまわない気がするのだが、そのときは私は自分で直接「どうぞ」とは言えなくなっているわけだし、じゃあドナーカードを持てばっていう話だけど、家族がそうういう立場になったときはどうかというと、全く事情と感情が違う。家族がドナーカードを持っていたらショックだと思う。私の正直な気持ち。自分だったらいいのだけれど、家族だったら承知出来るかどうか自信がないのだ。話が別になってしまう。なぜだろう。
 「茶の味」は大のお気に入り。映画館で2回観た。おかしくて笑って笑って泣いた。石井監督のテイストが好みなんだと思う。「鮫肌男と桃尻女」も好き。「モチくん」シリーズも大好きだもの。だからDVDが出たら絶対買おうと思ってた。「ナイスの森」にも期待。
[PR]
by nyoirin | 2005-04-13 15:01 | 映画・ドラマ

2005.4.7.thursday

 毎年のお約束で、今日はベランダのプランターに朝顔の種を蒔いた。小学1年生になった春の最初のお仕事だった。それを思い出して、四月になったら必ず朝顔の種を蒔く。どういう訳か、朝顔だけは毎年うまく花をたくさん咲かせてくれる。でも、菫の仲間、パンジーとかビオラとか、宿根の苗を買ってくるのだが、いつもその年限りで終わってしまう。どうにか根付かせたいと思うのだが、なぜかうまくゆかない。もうひとつ、都忘れも毎年チャレンジしているのだが、ほとんどをダメにしてしまっている。どうも冬の間の水やりに失敗しているらしいのだが。ただ、今年ひと株だけ蕾をつけたのがいるので、今、期待がふくらんでいるところ。あれが咲いてくれたら、初めてのことだ。咲いてくれるといいんだけど・・・。
[PR]
by nyoirin | 2005-04-07 12:25 | 身近な風景

2005.4.5.tuesday

 朝からまたこれと言って成果のあることを何もしていない。義務としてやらなければならないことは山積みだけど、やる気が起きないのね。風邪が完治していないということもある。と言い訳。覇気がないの。もちろん最低限のことはしてますよ。食事の支度とか洗濯とか。
 やっぱり春はきら〜い。
 春って、一気に来る。週末は蕾だった仕事部屋の窓の前の枝垂れ桜はもう満開。明日には散りはじめるだろう。たんぽぽも顔を見せている。こぶしも満開。はくれんはもうお終い。正確な名前はわからないが、タチツボスミレに似ていてでも紫がもっと濃いスミレは、まだ咲いていない。
 このもんや〜と暖かい季節、気を緩めるとすぐグズグズと床にくずれおちてしまいそう。でも明日からは始動しないと大変。早起き早起き。気合い入れなきゃ!だわ。
[PR]
by nyoirin | 2005-04-05 18:32 | 日記

2005.4.1.friday

c0009212_21452027.jpg
 またしても、風邪をひいてしまった。今声が全く出ない。家族にはこのほうがいいと言われ、少しへこむ。いつもより静かでいいらしい。とても低い声を出そうとすると少し出る。でも、恐い声。そうして無理に話そうとすると、このまま喉がつぶれて恐い声のままになってしまうかも、と思い、無理に出さないようにする。

 先日「アビエイター」を観た。イラストレーターのYさん、編集者のHさん、なんなんさんとの恒例の観賞会だ。
 なかなかの大作だった。ディカプリオが、演技の上手い俳優だったことを、「ギルバート・グレイプ」以来忘れていたのだが、それを思い出させてくれる作品だった。ただ、ハワード・ヒューズの晩年から死へ至るところは描かれていなかったので、ちょっと「?」な感じがした。さらに鬼気迫るディカプリオを観たかった気がする。

 明日、ん十年ぶりの中学の同窓会があるので、もう今日は休もう。でも、声がこのままだとつもる話もできないなぁ。もう三日もこの調子なんだ。明日になっても出なさそう。しくしく・・・
[PR]
by nyoirin | 2005-04-01 21:59 | 映画・ドラマ

2015.4.1.より、身の回りの小確幸(小さいけれど確かな幸せby村上春樹)を見つけてつぶやきます。


by nyoirin