<   2011年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

通販生活

通販生活の10月号(秋冬号)の表紙がすごいというのは、あちらこちらで紹介されている。
それが、今日届いたのだが、表紙と中の特集記事もすごいが、入ってた封筒がまた素晴らしかったので、写真をアップする。

c0009212_1755237.jpg


072.gif脱原発!発送電分離!東電は破綻処理しろ!一刻も早く東電・福一は石棺に!全ての原発は廃炉に!
[PR]
by nyoirin | 2011-10-23 17:57 | 日記

今夜は鍋

昨日は朝9時から夜10時まで、食事以外はほぼ歩き通しで、本当は脚には良くないんだけど、仕方なかった。めっちゃ疲れた。
今日は、まだ疲れが残っている。食事の支度と洗濯以外のことはなあんにもしないで、この時間まで過ごしてしまった…
主人も急に、今日は休みだ、とか言うので、二人でだらだらしてしまった… 008.gif
で、今夜は、鍋にするのだ。
このところ自宅では、夕飯は一人だったので、(主人と次男は帰ってくるのが遅く、帰宅した順番に食べる)、一人じゃないときは是非鍋にしたい。
湯豆腐にしよかな…
鱈も、鶏団子も、キノコも入れてしまうのだ。……それにつけても、これは放射能鍋かな~…などと思ってしまう。

先週は、何人かの友人知人に会ったのだが、そのほとんどが、福一事故について、「気にしたってしようがない」みたいな受け止め方だった。
「もう諦めてる。うちじゃ、みんなそんな考えだ」と、言った友だちもいた。
また別の友人は、「現実を受け入れるしかないじゃない」と言った。
これが、今の日本人の大方を占めている「気分」かもしれないと思った。
海鮮類もキノコ類も汚染されているのではないかと、不安に思いながらも、食べようとしている私も同じだ。
食べなくては、死んでしまう。
でもきっと、将来、悲劇がやってくるのだろう。
目の当たりにして初めて、人々は恐怖におののくのだろうか…
避難できるのなら、避難するにこしたことはない。
一番のネックは、避難しても、仕事がなければ暮らしていけないということだろう。実際、息子たちのことを考えれば、うちだってすぐに子どもたちだけでも避難させたい。しかし、悲しいかな私たちに金銭力がない。

結局今夜も、どこに避難するでもなく、産地を気にしながら食材を買い求めて、鍋にしようとしている。
[PR]
by nyoirin | 2011-10-18 18:42 | 日記

延長線上

3.11までに通っていた道筋があるとすれば、あの日以後は、それが全く違う道筋に変わってしまったことだろう。
毎朝起きると、一瞬、3.11以前の道筋の延長線上にいるかのような気分になる。
だが、その一瞬後に、それが錯覚であることに気づく。
夢であったら、どんなに良かっただろうと、毎朝思う。
しかし、悲しいけれど、これは夢ではない。現実だ。
もはや、私たちは、3.11以前の延長線上にはいないのだ。
目には見えないから、みんな、なかったかのように振る舞っている。
実際辺りは、何もなかったように見える。きらきら輝く秋の陽、雀のさえずり、金色のススキの穂…。遠い昔から様々な芸術にも表されてきた、日本の美しい自然のかたち。今はまだ、何一つ変わったようには見えない。
だが、あの日以来、文字通り世界は一変してしまったのだ。
確かにそれは、忘れてしまいたい現実だ。しかし、決して忘れることなどできない現実なのだ。たとえ一時忘れることができたとしても、必ずや、近い将来、目に見える現実となって私たちの前に、そのおぞましい姿を現すことだろう。
私たちは、その姿を目の当たりにすることを、覚悟しなければならない。
世界は、変わってしまったのではなく、私たちが変えてしまったのだ。
きっかけは、確かに、大地震と大津波だった。だが、それは言わばトリガーだ。
それによって目覚めてしまった怪物を作ったのは、私たちだ。
取り返しのつかない怪物…
こうしている今も、放射性物質は出続けているのだ。
それは、晴れている日は空中に舞い上がり、漂い、雨の日には地上に降り注ぐ。それは地に降り積もり、大地に染み込み、河を流れ、海に至る。
今年はまだ、作物も言わば外部被曝だけだが、来年以降は、大地が得た放射性物質を内部に取り込むことになるだろう。そうなれば、私たちが内部被曝を避けるためにできることは、食べないことだけである。だが、食べないでは、私たちは生きてゆけない。
既に関東は汚染されてしまっている。政府は、はっきりとは公表していないが、昨日も横浜のマンションの屋上の汚泥からストロンチウムが検出されたとか、世田谷区の公道から放射線が検出され(*古い瓶の中にラジウムらしき物が入っていて、放射線検出の原因はこれではないかとされている10/14現在)立ち入り禁止になったとか、少しずつ事実を小出しにし始めている。
でも、これは十分想像できたことだ。
福一がこのままなら、さらに汚染が進むことはわかりきったことだ。
事は、日本だけに限ったことではなくなってきている。
チェルノブイリの事故で、ヨーロッパのかなりの範囲が汚染された。それから25年余り経ち、今度は、日本発でアジアが汚染される。北半球は、ほぼ終わりだ。


最優先に為すべきことは、一刻も早く、福一を石棺にすることだ。
だが、いったい誰がどうやって?と、思うと、なす術がないのも現実だ。
水道の蛇口から出る水をながめて、毎朝暗澹たる気持ちになる。
希望を失いそうになる。

でも、私は今、自分のできる限りのことをしようと思う。
少なくとも、こうなってしまった以上、これ以上の原発はいらない。作るなんてもってのほかだ。再稼働も阻止し、全ての原発を廃炉に向かわせる。
発送電は分離。
東電は、まず送電線を売って賠償に充てろ!
破産処理して、せめて福島の人々を避難させ生活を補償しろ!
毎日、私は、そう叫び続ける。
そして、この思いを胸に刻み、精一杯私は私の絵を描こうと思う。
そんなことをしても、何の力にも何の足しにもならないかもしれないけれど、私はそうする。
[PR]
by nyoirin | 2011-10-13 12:35 | 日記

ドラマ・シーズン

昨夜の、「中居・タモリのんん〜ん、手ぶらでいいのに〜」とかいう番組観た。
フジTVの秋の新ドラマのキャストたちが、一堂(タモリん家という設定)に会してわいわいやってた。
けっこう、面白かった。
主役張る女優さんたちが、初めましてが多かったのは、当たり前だけど、主役は一人だから、それぞれはなかなか共演の機会がないということを、改めて知った。
また逆に、谷原章介は、ほとんどの女優さんと共演の経験あり。それにもびっくり。005.gif
で、もっと驚いたのは、キム・テヒの美しさ!
飛ぶ鳥落とす勢いの北川景子や、菅野美穂、吉高由里子らがいるなかでも、ひときわ輝いていたわ〜。072.gif それって、すごいことだよね〜。
肌きれ〜い、顔ちっちゃ〜い、目おっき〜い、足ほそ〜い! でした。
あと、桜井くん(翔)がいい子だな〜、と思った。育ちが良いっていうかね。バランスとれてる、いい意味で。
あと、大好きな西島秀俊も、相変わらずいい感じ。中居が玄関で出迎えたとき「あすなろについて語りたかったんだよね〜」って言ってて、私もその話に混ぜてもらいたいと本気で思ったよ。
他に、椎名桔平、佐々木蔵之介らの男優陣は、私的には皆好きな俳優ばかりだったので、とてもよろしゅうございました。
あと、勝手な感想だけど、ARATAと香里奈はもうちょっと綺麗だったような気がしたんだけど…
少し衰えた?感。残念。


で、この秋から冬にかけてのドラマだけど、このところずっと振られてばかりだったので、興味がだんだんなくなってきてて、TVブロスも買っていないというこのていたらく。
昨夜のその番組からの様子でフジだと、とりあえず、「謎解きはディナーのあとで」「蜜の味」(?)月9、辺りは初回は押さえようと思った。
ほかの局は、まだ全然チェックしてないのよね。
TVがどんどんつまんなくなってきてて、食指が動かなくなってきてるのさ。
これは、由々しき問題だと思うわ。
TVには、がんばってもらいたい。
でも実際、斜陽よね〜007.gif
[PR]
by nyoirin | 2011-10-11 15:20 | 映画・ドラマ

今日のBGM


NHK-FMの「気ままにクラシック」の再放送を聴きながら、お絵描き。
この番組は、このところのお気に入り。
これが終わったら、その後は、またケルン・コンサートとマーラーの交響曲第5番を聴こうかな〜。
今週は、ずっとこれです。

この3日ばかり、調子が悪い。
私にしてはめずらしく、秋にもかかわらず、食欲がいまいち。
食べると、胃が痛気持ち悪くなる。
今も、昼食後の痛気持ち悪状態。おっかしいな〜?例年なら、食欲の秋さながらの、もりもりの時期なのにな〜…
やっぱり歳のせいかしら?胃も消化能力が落ちてくるのかもね。
油っこいものは、もうずいぶん前からノーサンキューになってたけどね。

ま、もう少し様子を見ようかしらね。
そんなことより、お絵描き、お絵描き、と。
[PR]
by nyoirin | 2011-10-07 15:02 | 日記

サイボーグ009

神山健治が、「サイボーグ009」を来秋公開するということを、ついさっき知った。

4分ほどの、予告編を観た。
私の記憶にある「サイボーグ009」とは、もちろん少し違ったけど、どうゆうふうに出来上がるか。観てみたいと思った。
ラストに、全員がそろったところが映し出されたが、それぞれオリジナルと違っていたので、「?」とは思ったが、神山健治の009だから。石ノ森章太郎のとは違って当たり前だから。

ストーリーはどうなるのだろう。
最近小説として出版された天使編なのだろうか。
それとも、神山健治が新たに書き下ろしたものだろうか。
調べてから書けってはなしですよね。

申し訳ない。
あまりに疲れているので、今日は寝ます。
おやすみなさい。
[PR]
by nyoirin | 2011-10-04 23:57 | マンガ・アニメ

BGM

昨日また、新しいF100号のキャンバスに地塗りをした。
今日から、新作にとりかかる。
もうエスキースは出来ているので、すぐとりかかれる。
で、今日のBGMは、キース・ジャレットの「ケルン・コンサート」とシノーポリ指揮のマーラー交響曲第5番。
ちょっと変な取り合わせですかしらん。
昨夜地塗りをしながら聴いていたNHKのラジオ深夜便での、月一の映画紹介のコーナーで、「ベニスに死す」が久しぶりにニュープリントで劇場公開されると言っていたので、そしたらやっぱりアダージェットでしょ、ということで、私も久しぶりに聴きたくなったのだな。
ケルン・コンサートのほうは、1週間前に聴きたくなったのだが、展覧会の会期中は無理だったので、今日聴いているのだ。
[PR]
by nyoirin | 2011-10-03 15:25 | 音楽

2015.4.1.より、身の回りの小確幸(小さいけれど確かな幸せby村上春樹)を見つけてつぶやきます。


by nyoirin