成ること

ずっと以前に、人は成ってゆくのだと書いたが、それは間違っていたので、訂正する。
成ること、成ってゆこうとすることが、人々に苦しみをもたらすのだ。人々とは、我々のこと。

彼女の最後の日記を読んだが、改めて私は、彼女から卒業したと、確認できた。
そこには、ある悲しみがあった。

彼女は、最後まで成ってゆこうとしていた。
よって、最後まで苦しみを抱えて生きることとなった。
人生の晩年、彼女は、ほぼずっと毎日怒っていたようだ。
今の日本の現状、事象、社会、人々(おもに若者)、文化人・インテリと呼ばれている人々、出版社、などなどに対して、「汚い、汚い、汚い!」と、ずっと叫んでいた。
それに対して、自分はものすごい「俺様」ぶりだ。
自分は今や、肉体的には表面的には日本人だが(日本人に生まれてしまったのだから仕方ないと、悔しそうに言う)、今や中身はほとんどフランス人だと言い切っている。
また、「常に、日本のトップクラスの男達の中で、鍛えられてきた私。最近のインテリとは格が違うんだ」という趣旨の発言が各所に見られた。
また、「私は、常に、愛する男から愛される女だったなあ、とつくずく思う」という発言も、繰り返し繰り返し出てきた。また「愛しても愛されなかった女が、その切ない心情を綴って小説などを書いているが、私は、そんな女が大嫌いである」とも断言している。

彼女は、カトリックの神秘家の体験を、自分も得たいと強く求めていたのではないかと推測されるが、この日記を読む限り、最後までその望みは得られなかったのではないかと思う。
神秘主義者たちは、どうしてもカトリックというカテゴリーの中で思考してしまうので、その体験を神の啓示として受け止めてしまうのは致し方ないが、全く間違っているという訳でもないだろう。
せめて、彼女にも、それが訪れていれば、晩年になってもここまで怒りながら暮らすこともなかったろうにと、気の毒に思う。

彼女は、最後まで、ここではないどこか(日本ではないフランス)、今ではないあの世(神の国、天国)を、求め続けて生きたようだ。
それが、全くの見当違いだということに、気づかなかったのは、悲しい。
やはり、自分自身でも何度も言っているように、彼女が非常に頭脳明晰で感覚的にも鋭いものを持っていたであろうことが、災いだったのかもしれない。
それが訪れるのを、いちばん妨げているのは「思考」だからだ。
それに、彼女が深く傾倒していったものが、フランスとヨーロッパの地であったことと、キリスト教(カトリック)であったことも原因である。
カトリックでは、なにより神との合一を求める。人々はそれぞれは個人主義で、一人一人が一人ずつ神と合一するするのだ。
神とは合一するが、生きている人間同士は個人主義でバラバラである。そこにこそ、苦しみが生まれる。
彼らは、そこに気づかない。
それが訪れるのを妨げるのは、「我」だということにも。
ひたすら、ペルソナとペルソナで向かい合って、つまり相対的な認識しかしないのだ。
この世を、世界を、宇宙を、相対的に見ては、絶対にいけない。
ただの一つものだということに、気づくことがなにより重要なことだ。
私もあなたも、無いということ。

彼女が、最後まで苦しみの中にいたことが、悲しく残念に思う。
私が、ある意味指標を無くし、一人迷っていかなくてはならなかった時期、私は確かに彼女に支えられていた。
あの頃は、彼女ともう一人のかたの著作しか、私にはなかったから。
だが、今に至り、彼女の手を離れ、また歩いているということ。一人だが一人ではない。
一人などということも、「私が」などということも、全て幻想なのだから。

そのもう一人のかたは、もしかしたらずいぶん前から、そのことを知っているのかもしれないと思う。
まだ、はっきりしないが。
次の作品に期待している。

















[PR]
# by nyoirin | 2014-01-31 11:37 | 日記

泥丸宮

山に籠っているうちからずっと泥丸宮がじんじんしていたのだが、降りてきてからもずっとそれが続いている。
これは、いつぞやと同じ予兆なのか、それとも道場でのあの圧倒的な響きによるものなのか、よくわからない。
とりあえず、風邪も治ってきたみたいなので、また仕事する。



















[PR]
# by nyoirin | 2013-12-13 14:26 | 日記

「風立ちぬ」

先日、「風立ちぬ」を観た。
私には、この映画で、宮崎駿が何を言いたいのか、全くわからなかった。

まず一つ. 主人公堀越二郎の声を、なぜ庵野秀明にやらせたのか?棒読み以下のヘタクソさの上に、二郎に比べて声がおっさん過ぎるだろっ?!と思った。いちいち興ざめだった。
他のキャスト、西島秀俊や國村隼らが良い仕事していただけに、残念だ。
鈴木Pと宮崎駿の内輪受け&話題作りなのか?二人とも、もう勘が鈍ってしまったのだろうか。偉くなり過ぎて、誰も意見が言えない状況なのだろう。

二つ.飛行機のプロペラ音およびエンジン音が、人の口で出しているようで、耳障りなことこの上ない。特に、エンジン音は、人のうなり声のよう、叫び声のよう、阿鼻叫喚のようだったので、不吉感満載!禍々しいったらありゃしません。聞いていて、不快だった。

ストーリーは、山無し谷無し、だだ長いだけ。
「生きて」とかむりくりヒロインに言わせてるけど、命をどう思っているのですか?と私は聞きたい。
「ボクは、ただ美しい飛行機を作りたかっただけなんだー。それが、ただ戦争に使われちゃっただけなんだー。ボクには、そんなつもりはなかったんだー。」ってことなんですか?
ラストの台詞は、どう受け取ったらいいんでしょうか?

次々と飛び立ってゆくゼロ戦を見上げて
カッペラーニ「美しい飛行機だね」
二郎「ええ。でも、一機も戻ってきませんでしたけどね」

これを、どう受け取ればいいんですかね?
ゼロ戦一機一機には、一人一人の人間が、親も家族もいる一人の尊い人間が乗っていたことは、どうお考えなんですかね?
なんか、安倍思い出しちゃったよ。「うとぅくしい、にっぽん。にっぽんを、とりもどそう」「戦争放棄をやめよう。うとぅくしい日本」

怒りでもいい、否定でもいい、心の針がどちらかに振れればまだしも、私の針は、どちらにも全く振れなかった。(だから、私のほうに、問題があるのかもしれませんよ)
ジブリの作品、とくに宮崎駿監督作品を観て、こんなことは初めてだ。

映像は美しかった。動きも素晴らしかった。正に作画の鬼だった。
それだけに、残念だ。空しい。
外側は極上の容れ物なのに、中身空っぽみたいな・・・

c0009212_11404762.jpg

[PR]
# by nyoirin | 2013-08-10 11:41 | 映画・ドラマ

「自分」をどうするか

楽家当代第15代吉左衛門のドキュメンタリーをたまたま観た。
 
「一方では自分を手放したい気持がある。だけど、片方では自分を手放せない。」
また、「自分が全く無くなってしまうということは、表現者としてはありえない。」とも言っていた。

確かに、そこのところだ。
自分などというものは、本当はどこにも存在しない。それは、幻想に過ぎない。
成れば良し、成らなくても良し。そもそも成ることなど、想像もしない。欲しもしない。
かといって、全く無くしてしまったら、表現者たりえない。それなら、表現する必然性がない。
だがしかし、自我は、完全に潰してしまわなければならない。

「自分」をどうするか・・・
[PR]
# by nyoirin | 2013-07-21 18:21 | 日記

慈悲

この世界が、どんなに素晴らしいか。
どんなに、美しいか。
どんなに、かけがえがないか。
どうすれば、知らせることができるのだろう。
過ぎ行く時もなく、過ぎ去る時もない。
二つとして同じものが無く、かつ全てがたった一つだということを、どうすれば、知らせることができるだろう。
全てが愛おしく、全てが慈悲であること。
宇宙は、慈悲でできているということ。
慈悲が、私たちを見たがったということ。
慈悲が、私たちを通して、知りたがったということ。
どうずれば、知らせることができるだろう。
[PR]
# by nyoirin | 2013-05-01 19:24 | 身近な風景
10日にみなとみらいホールで、久しぶりに衝撃的なコンサートに遭遇したので、それ以来おかしくなっている。
ブルックナーの交響曲第9番。
拙い私の文章力では、とても表すことのできないくらいの、後世必ずや伝説として語られるであろうコンサートだった。
なんといっても第2楽章が大好きな曲だったのだが、もちろん全てが素晴らしかったのだが、第3楽章の弦がさざ波のように降りてくるところで、とうとう涙がこぼれてしまった。
あの日あのとき、その場にいることができたことに、心底感謝した。

以来、ずっとブルックナーを聴き続けている。
私のベスト盤である、ハイティンク&アムステルダム・コンセルトヘボウ(’81年録音)の9番はもちろん、テンシュテッド&ロンドン・フィルの8番、カール・ベーム&ウィーン・フィルの4番などなど、この春私は、ブルックナー漬けである。

それらを聴きながら、仕事を進めているわけだが、きっと出来上がったあと、この作品たちからはブルックナーの旋律が聴こえてくることかと思う。たぶん私には・・・。
[PR]
# by nyoirin | 2013-03-21 16:29 | 音楽

HのB

HのNo.9が、あまりにも素晴らしかったので、ずっと恍惚状態にある。
春という季節もあいまって、ぼんやりに拍車もかかっている。
全くもって、いかんともしがたい事態である。
やれやれである。
[PR]
# by nyoirin | 2013-03-18 18:31 | 日記

報道されないこと

http://www.facebook.com/photo.php?fbid=406095009469590&set=a.117645948314499.23865.100002072845887&type=1&thea

このことを、どのマスコミも報道しない。
なぜか?
2011.3.11以来、私はマスコミを信じていない。報道の良心などというものは、もはやこの国には存在しないようだ。
[PR]
# by nyoirin | 2013-01-12 16:35

2015.4.1.より、身の回りの小確幸(小さいけれど確かな幸せby村上春樹)を見つけてつぶやきます。


by nyoirin