秋のドラマ

秋のドラマ・シーズン到来。
さて、今場所はいかに?

ざっと、めぼしいところの初回をチェックしたところ…
『七瀬ふたたび』『風のガーデン』『夢をかなえるゾウ』『ギラギラ』『流星の絆』『ROOM OF KING』『スキャンダル』といったところが、まあ最初のふるいで残ったでしょうか。
今夜の月9はあまり食指が動かないの、実は。
先場所に比べれば、多いですが、多少の難ありな作品もこの中にも多いです。

『七瀬〜』は、往年のNHK少年ドラマ・シリーズの伝説の多岐川裕美主演作品を、リアルタイムで観ていたわたくしとしては、観ずにはおれない。
蓮佛が、ちょっと華が無さすぎな気もするが、まあ許そう。脇はなかなかよろしいので、今後も期待。

御大の『風のガーデン』は、いちおう押さえる。たったひとつ残念で残念でならないのが、平原綾香。ものすご〜く緊張していて、ものすご〜く頑張ってるのはわかるんだけど、全く下手なので、最悪。なぜに、あそこで平原を使う?!なぜに?!
彼女は、唱っていればよろしいのに。彼女が出てくると、他が集中力のある素晴らしい演技でドラマの世界に気持ち良く引き込んでくださっていたのに、あっという間にしら〜っとした現実に引き戻されてしまうのだ。
実に、残念。

『夢をかなえるゾウ』は、深夜になにげに観るのに良い。
古田新太は好き。原作の本は読んでいない。観てから読むかも。

『ギラギラ』は、『お水の花道』のホスト版って感じですね。
これからどうなってゆくのかしら?が、ある程度予想はつくけど、まあ観てみましょ。

『流星の〜』は、またしても東野圭吾だから、きっとまた「まず悲惨な設定があって」から始まって、主人公たちは各選択肢の中から必ず最悪の選択肢を選び取り、悪い方へ悪い方へと進んでいって、こんなにかわいそうなボクたち私たちになっていくんだろうな〜、そしてきっと私は全く感情移入ができないんだろうな〜、と思いつつ、宮藤官九朗脚本だからちょっと続けて観てみるか、と思っている。
東野圭吾の作品って、いっつもおんなじ。まず設定ありきから始まって、つじつま合わせしていって無理に落とすから、全くリアルじゃないんだよね。観てると腹が立ってくるときある。主人公たちは、いつも深刻な顔をしていて、こんなにかわいそうなんだから、何したって許されるんだって、最後にみんな逆ギレしちゃうんだよね。
ニノたちもまた逆ギレしちゃうのかな〜…
初回でちゃんと「悲惨な設定」から始まってるから、きっと「逆ギレな最後」が待ってるんだろうな〜…

『ROOM〜』は、お伽話として観る。
渡部とか、久しぶりに渡部ワールド全開だし(とくに好きってわけじゃないけど)、杏ちゃんちょっとまたふくよかになったっぽいけど、かわいいし、上手いし。我修院は相変わらずだし。何より、私、ああいうルームシェア系、めぞん一刻系っていうのかしら?が、好きなの。あったでしょ、『アフリカの夜』とか『ランデブー』(アパートじゃなくてこれはホテルだったけど)とか、とくに『すいか』とか!
大好きなの!あこがれなの!

『スキャンダル』は、またまた四人の女性が出てきて、まるで『四つの嘘』みたいだけど、今回は桃井かおりが出てるので、観るかな。長谷川京子がいまひとつなんだけど、仕方ない。演出が生野慈郎だから、久しぶりじゃない?だからというのもある。
だけど、ちょっと四人の息がまだぴったり合っていない感じなので、2回以降を観てから判断するかな。

で、今夜の月9は、ちらっと観てみて、続けて観るか決めるかな。
たぶん続けて観ない気がするけど…
[PR]
by nyoirin | 2008-10-20 18:50 | 映画・ドラマ

2015.4.1.より、身の回りの小確幸(小さいけれど確かな幸せby村上春樹)を見つけてつぶやきます。


by nyoirin